債権回収の為の手段|引越しするなら不動産売却の計画を立てよう|信頼の不動産チェック
積み木

引越しするなら不動産売却の計画を立てよう|信頼の不動産チェック

債権回収の為の手段

レディ

抵当権というものの存在

競売を行う際には債権者がその不動産に対して抵当権を設定していることが前提条件となります。抵当権を設定していない不動産に対しては競売を行うことはできません。大阪でも競売にかかる不動産が多くなっています。これは何らかのローンを組む際に(多くは住宅ローン)不動産を抵当としてそのローンを組んだから起こってきます。そのローンが払えなくなったときに、債権者はこの抵当権を使って不動産の売却により貸し付けたお金を回収しようとします。債権者が裁判所に申し立てをすることにより、裁判所がその抵当権を執行することになります。大阪でもそうですが債権者が申し立てたからと言ってすぐその家がお金に変わるわけではありません。裁判所はその不動産の調査を行って買い手を見つけることになります。

裁判所による一般公売

裁判所がこの不動産を売却するときには入札による一般公売という形をとります。ただ大阪でこういった流れになる前に、任意売却で売買価格を予め決めることも可能です。競売だと家を売っても安い価格で販売されることがあり、残る債務も大きくなることがあります。ですが任意売却であれば、家の状態を見て価格が決定するため、多くの場合は相場で売られることになります。また大阪だけでなく、競売だと残りのローンや立退きを早期に行うように言われることが多いですが、任意売却は支払いや立退きに関しても融通が効くことが多いです。そのため競売にかけられるのを待つのではなく、ローンの支払いがきつくなったら早めに相談センターや不動産会社に相談をして、任意売却の手続きを行なっていきましょう。